ようやく売買する時という場面ではまずは事前準備を横着してはいけません。売買を行う前であればその物を客観的に見ることができる余裕があります。ところが、ひとたび相場の中に入ってしまうと、どうやっても捉え方が自己中心的になってしまいがちで、状況によっては正しい考え方が出来なくなる。恐れが生じる。だから自分自身の考え方が客観的なうちに、間違いない準備する事が大切なのだ。この準備とは、まずは自らのストーリー展開を書くことから行います。明日からの投資状況はああだから、豪ドルを取引するみたいに、自分だけのシナリオを立てていくのだ。次に重要なのは時間足チャートを確認しましょう。相場の上下動を見定めて、今日の相場を確認します。そうすると、「現在はなかなか安いレベルである」または「すでに大勢の方が勝負している、今から大急ぎで売り(または買い)しても遅いな」ということが見えてくる。もちろんもう買い(または売り)するのがなすすべがないと感じたら、手を出さないで、それは潔く諦めることが不可欠です。無理にあなたのシナリオを妥協しないで吹っ切らずに取引すると相場に跳ね返されて、それどころか損することになる危険があります。ただしかなりの場合、事前に準備している自分なりのシナリオを作っておくと売り(または買い)がなすすべがないという場面にはならないだろう。本格的に相場が変化する前のはずだから。その次に差し当たり自身が注文しようと思っているポジションの上下動を、きちっと確かめる事が不可欠です。仮に円安になるという筋書きを考えたのであれば、その通貨の上げ下げに注目する必要があります。市場の上下動をチェックし始めた状況ではまだまだ該当の外貨は大きく変化する素振りを見せないで上や下にわずかな変化を繰り返しているだけだろう。ところが、その推移をきちんと調べているとある状況でじわじわと、円安の方向へとマーケットが変動し始めます。このタイミングでいよいよドル買いの新規注文を出すのだ。一般的に、これだけ緻密に事前の準備を進めておけばその売買で利益を上げる確率は比較的高くなるはずです。