外為取引の経験がない方が為替の重要なところを探し出すためには、まず最初に取引経験を積み重ねていく事が大切です。特に、直前に危険を回避できるようにするようになるには間違いをすることも大切です。とは言うものの、負けたといっても、決定的な失敗をする事は出来ません。やり直せるぐらいのミスを何回も積み重ねることが結果的に自らのレベルを上げてくれます。これを考えると、まずはわずかな資金で投資してこれで数度取り返しが付く負けを経験することが重要です。例えとして、100万円しか資金がない状態で最初から一銭も残さないで投資して売買するとミスした時、金輪際立ち直れなくなってしまう怖さがあります。そうであるならば、資金の1割ずつ小分けして売買してここで売り買いを繰り返したほうが少しずつ失敗を埋め合わせる手法なども習得するはずです。はじめに少額資金で取引する事の良いところは、前述したように、自身の経験を増やし間違いを制御する手段を身につけることにあるが同時に、売り買いの回数を増やす事で偶然を削減できるという価値もあります。例として、1度限りの注文で勝率が50%だと考えます。すなわち、同じだけマイナスになる危険性もあります。勝率5割ということは。半々の確率でプラスになる事を現しています。しかし、全ての資金をつぎ込んでトレードをするということは、勝ちか、負けのいずれかになります。これではただ1度の丁半バクチと同じです。言い換えれば、全ての資金をつぎ込んで1回こっきりのトレードしないとこれでは損が生じる割合が高くなってしまいます。だからこそ、投資するお金を全て賭けるのではなく、少しずつ分けて、機会を積む事がリスク管理となります。ただし何回かに分けたとしても全部に儲ける事は大切ではありません。正しく言うと、全て勝つことは出来ないのが実際です。トレードで大切なのは勝ち負けの回数ではなく、どれだけ利益を出すかです。勝率が2分の1でも、例えば5割以下でも利益を出す事は出来ます。負ける確率が高くても損がわずかであれば少ない勝利の儲けだけで十分利益を上げられます。そのために重要な事は、損を少なくして、儲けを大きくして気をつけておくことです。損益が出たら即損失を確定して、それとは逆にプラスになる場合には可能な限り大きくプラスにする事がFXビギナーがFXで利益を上げる手段です。