外国為替市場介入(為替介入)という言葉を耳にした事がありますか?日銀が介入して新聞、雑誌記事、テレビ、インターネットの記事で確認したみなさんもたくさんいるでしょう。元から為替介入(外国為替平衡操作)といえば日本においては、◯大臣(財務大臣)為替の相場の沈着を保てるように施行する方法ということで評価されています。わかりやすく言えば、急激な円高、円安の際に財務大臣の指令によって中央銀行(日本銀行)日本円を取引して円相場の安定性を狙うといったことです。為替介入(外国為替平衡操作)はいくつかやり方があります。1.単独介入・・・行政機関や中央銀行(日本銀行)が、東京での市場において自主的に市場に参加して為替の介入をする。2.協調介入・・・複数の銀行などが相談したうえ、各々の銀行などが金を利用してみんなそろってまたは随時外国為替平衡操作(為替介入)を実行していく。3.委託介入・・・異国の銀行などへの介入の実施を任せる。4.逆委託介入・・・日本銀行が外国の銀行などに成り代わり為替介入を執行する。このような方法です。どの為替介入も一時的、継続して市場に多くのインパクトを与えるはずです。外国為替市場介入(為替介入)の資金は当然国家の面目をかけているのですからスケールが大きいです。円ベースで考えると、普通は少しだけ動いているレートが一気に大きく変動をします。投資家の方ならば一回は体験していると考えますが、そこまでは問題なく含み資産(または損失)が多くなっている保有高を持っていたところに、保有高が決済しましたと報告がFXの業者の発信でEメールが。儲かったのかな(赤字になったのか)?と気にしながら決済された状況を見たら、自身が見込んでいた結果とは真逆の状況になり驚いたといった話がありました。外国為替市場介入(為替介入)が行なわれるとよくある話です。為替介入が実施されると市場の流れとまったく逆の変動をするのです。なおかつ動く金額の幅は大幅に変わるため用心しましょう。